おいしい水道水! 簡単カルキ(残留塩素)除去方法
健康のためにミネラルウォーターを買ったり、何十万円もする高い浄水器を使っている人…いい加減に目覚めなさい!いかがわしい業者に騙されないために、水道水の真実について、詳しく解説します。

放射性物質の濾過方法

究極は、水道水を飲まないこと…だが

精神的にもっとも安心なのは、「水道水を飲まないこと」でしょう。国内が不安なら、海外から輸入したペットボトルに頼るのが一番です。(硬水が日本人の体に合わないという問題はあるかもしれませんが)

ただ、生活に必要な水すべてをペットボトルに置き換えるには、経済的にかなりのコスト高です。飲用、調理、皿洗いと、どこまでこだわるかにもよるのでしょうが。

なので現実的には、多くの方は、放射性物質の含まれた水道水を利用せざるをえない状況にあると言えます。

で、肝心の放射性物質の除去方法なのですが、放射性物質は細菌やウィルスではないので、沸騰させても死滅させることはできません。また塩素のように、何か物質を加えて、無害なものに化学変化させることも、容易ではありません。(これが家庭レベルで簡単にできることであれば、原子力発電所の事故現場で、あんなに復旧作業に苦労されることもないでしょう…)

なので今、自分でできる放射性物質の除去方法といえば、実質、浄水器を使う方法以外にありません。ただ、浄水器のフィルターの目よりも大きい放射性物質であれば、引っ掛かって除去できるでしょうが、浄水器の目よりも小さなものだと、当然すり抜けてしまいます。

もっとも、大きいものほど内部被曝の被害も大きいと考えられるため、それだけでも除去できたら、安心感は全然違うと思いますが…実際の効果は製品によってまちまちなので、未知数です。
11062902.jpg

放射性物質は一ヶ所に集めると、より強く広範囲に放射線を発するので、外部被曝を受ける可能性があり危険です。ですから今すでに浄水器を使っている人は、普段より短い期間でフィルターを交換した方が良いかもしれません。そのためフィルタ交換も容易な、ポット型の浄水器が人気のようです。安いものだと送料込3,000円以下でありますが、売り切れも多いですね。。

 ≫ amazonポット型浄水器ランキング


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。