おいしい水道水! 簡単カルキ(残留塩素)除去方法
健康のためにミネラルウォーターを買ったり、何十万円もする高い浄水器を使っている人…いい加減に目覚めなさい!いかがわしい業者に騙されないために、水道水の真実について、詳しく解説します。

ペットボトルの水

便利だけど健康効果は期待できない

自動販売機やスーパーで、水がペットボトルで売られる時代になりました。

これらはきれいな水のある場所を選び、そこで汲んだ水を加熱殺菌、あるいは特別なフィルターを通して浄水した水を、空気が入らないようにペットボトルに詰めて作られています。もともと汚染の少ない水を使うので一般的な浄水施設よりも条件がよく、塩素を入れないので水道水より美味しくできるため、大人気というわけです。

出先でジュースの糖分を控えたい人や、災害に備えて家に長期保管するのに重宝されており、その用途にはうってつけだと思います。ただ、中にはミネラルウォーターの「ミネラル」という言葉の響きにつられて、健康を意識して飲んでいる人もいるかもしれませんね。

ミネラルウォーターには硬水・軟水という表示がありますが、水に含まれるカルシウムとマグネシウムの量が多ければ硬水、少なければ軟水と呼んでいます。日本の水はほとんどが軟水で、硬水のものは外国のミネラルウォーターに多く見られます。カルシウムとマグネシウムの量が多い硬水の方が栄養があるようなイメージを受けますが、硬水は日本人の体質には合わず、お腹を下す人も多いそうなので、流行だけに惑わされないように気をつけましょう。
09091901.jpg
そもそも、ミネラルは普段の食事から摂取するのが望ましいので、水やサプリメントで補給しようという考え自体が間違いです。業者が「現代人に不足しがちなミネラル〜」と煽っていますが、お医者さんから忠告されたのならともかく、皆さん自身がミネラルが不足しているという認識がないのであれば、別に意識して摂取する必要はない気がします。

個人的には、無色透明の水で「体にいいですよ」と言われても、説得力ないと思うんですけど、皆さんはどう思います?


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。