おいしい水道水! 簡単カルキ(残留塩素)除去方法
健康のためにミネラルウォーターを買ったり、何十万円もする高い浄水器を使っている人…いい加減に目覚めなさい!いかがわしい業者に騙されないために、水道水の真実について、詳しく解説します。

天然の山水の危険

山水は長期間保存できない

休日になると遠くにドライブに出かけて、ポリタンクいっぱいに山水を汲んでくるのが趣味の人がいます。そして汲んできた水を少しずつ、飲用や料理に大事に使っていたりします。おいしい天然水を自宅で飲めるとあれば、満足度は高いでしょう。

しかし、ここに大きな落とし穴があります。

山水の時点では水は流れているので新鮮なのですが、汲み置きした水はすぐに腐敗が始まります。水道水の場合なら塩素が入っているので、数日は持つかもしれませんが、山水には塩素が含まれていませんし、市販のペットボトルのように空気に触れさせない状態で保存することも困難です。

山水はあくまでその場で飲むにとどめるか、持ち帰るにしても少量を、すぐに冷蔵庫に入れて、その日のうちに飲みきるようにしましょう。体に良いと信じている水で食中毒を起こしては、世話がありません。

どうしても長期間保存したい場合は凍らせてしまえば、-18℃の環境で一ヶ月ほど持たせることができるそうです。
09091803.jpg


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。